小ネタ

SITとは?HIITとの違いも解説!今注目のトレーニング方法!

 

どうも!トレーニング好きブロガーのもちきんです!

困っている人
困っている人
SITって何?HIITとは何が違うの?

この様な疑問に答えます。

メンタリストとしてTV等で活躍中のDaiGoが著した本でも紹介され、最近よく耳にする機会が増えてきた言葉「SIT」や「HIIT」。

どの様な意味があるのでしょうか。

SIT(スプリット・インターバル・トレーニング)とは?

SITとは、Sprint Interval Training(スプリット・インターバルトレーニング)の略で、インターバルは“休息”という意味です。

また、SITはHIITの一種です。

インターバルは“休息”という意味で、スプリットインターバルトレーニングとはその名の通り、数十秒の“全力運動”と数分の“休息”を繰り返すトレーニング方法のことです。

具体的には、やり方にもよりますが全力ダッシュなど運動を30秒の全力運動をした後に4分の休憩をする。

これを4セットします。

ダイエット効果も?今話題のバービージャンプ!効果とおすすめの回数!! どうもこんにちは!体幹を気にしているもちきんです!! 突然ですが、世の中にはトレーニングをしている方がたくさんいます。 ...

HIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)とは?

HIIT(ヒット・ヒート・エイチアイアイティ)とは、不完全回復をはさみながら高強度・短時間の運動(無酸素運動)を繰り返すトレーニング方法を言います。

HIITとは、High-intensity interval training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)の略で、インテンシティとは“高強度”という意味です。

高強度インターバルトレーニングと呼ばれることが多いです。

具体的には、こちらもやり方や内容によりますが、代表的なタバタ式トレーニングだと20秒の全力運動をした後に10秒の休憩をする。

これを8セット繰り返します。

SIITとHIITの違い

ここまで読んで頂いた方はもうお分かり頂けたと思いますが、SITとHIITの違いは運動時間と休息時間の違いです。

それぞれの特徴をまとめた表がこちら。

名称全力運動時間休憩時間セット数
SIT30秒4分4セット
HIIT(タバタ式)20秒10秒8セット

※あくまで一例です。

トレーニングのしすぎには注意を

インターバルトレーニングは元々アスリートのための身体能力向上のためのトレーニングと言われています。

決して無理をせず、自身に合った運動量で行うことをオススメします。

ではでは、また次回の記事で。

ABOUT ME
もちきん
20代後半♂。綺麗な音楽や写真と物語が好き。