小ネタ

【レビュー】ゼンバイザー MOMENTUM True Wireless 2 圧倒的音質で最高の音楽ライフを

 

どうも!音楽好きブロガーのもちきんです!

音楽が大好きな方には分かって頂けると思うんですけど、イヤホンって妥協できないじゃないですか。

少なくともぼくはそう思っていて、音質重視で良いイヤホンを最近ずっと探していたんですよ。

そうしたら見つけました。

文句なしの最高のイヤホンを。

ドイツのオーディオメーカー、Sennheiser(ゼンハイザー)が出しているMOMENTUM True Wireless 2です。

というわけで、本記事はMOMENTUM True Wireless 2のレビュー記事です。

・音質の良いワイヤレスイヤホンを探している方
・Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2の購入を考えている方

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

パッケージ。

蓋を開けるとイヤホン、ケース、説明書があります。

その下に充電ケーブル、シリコンイヤーアダプター、アプリの説明書や注意書があります。

高級感のあるケース。珍しくファブリック調。

大きさは比較的に小さいです。

写真はiPhone 7との比較。

イヤホン。

ヘアライン加工が施された丸い部分は、全面タッチセンサーとなっており、音量の上げ下げや曲の再生/一時停止などをコントロールできます。

大きさ。

写真はiPhone 7との比較。

ケースの中。

Senseiserの文字が中央に。

イヤホンを入れるとこんな感じです。

【Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2】 操作方法と充電確認

MOMENTUM True Wireless 2は操作も快適です。

快適な操作のタッチコントロール

ヘアライン加工が施された丸い部分は、全面タッチセンサーとなっており、タップによって音量の上げ下げや曲の再生/一時停止などをコントロールできます。

タップ数
再生/一時停止1音声アシスタント
次のトラック2トランズペアレント ヒアリング
前のトラック3ノイズキャンセリング
音量下長押し音量上

 

※トランズペアレント ヒアリングとは外音取り込み機能のことです。電車内の放送などを聴きたい時、イヤホンを外すことなく聞くことができます。

専用アプリでカスタマイズ可能

初期設定はこの様になっています。(上の表と同じです)

ANCとは、アクティブノイズキャンセルの略です。

ぼくは、使う頻度のノイズキャンセリングを右タップ1回にして、滅多に使わない音声アシスタントを右タップ3回にしました。

ケース背面の色で充電確認

USBケーブルが接続されている場合、充電ボックスのLEDディスプレイは常に充電プロセスを表示します。

LEDイヤホン装着イヤホン未装着
のパルスイヤホンと充電ボックスが充電されている充電ボックスが充電されている
緑に点灯イヤホンと充電ボックスが完全に充電された充電ボックスが完全に充電された
赤に点滅少なくとも1つのイヤホンにバッテリーエラーがある充電ボックスに充電orバッテリーエラーがある

USBケーブルが接続されていない場合、LEDボタンを押すと充電ボックスのLEDディスプレイはバッテリーの充電レベルまたはイヤホンの充電プロセスを5秒間表示します。

LEDイヤホン装着イヤホン未装着
緑に点灯イヤホンが完全に充電された充電ボックスが50-100%充電された
黄のパルスイヤホンは充電ボックスのバッテリーを介して充電されている
黄に点灯充電ボックスのバッテリーは残量がなく、イヤホンは完全に充電されていない充電ボックスは50%以下しか充電されていない
赤に点灯イヤホン及び充電ボックスのバッテリーの残量はほとんどない充電ボックスのバッテリーの残量はほとんどない
赤に点滅少なくとも1つのイヤホンに充電orバッテリーエラーがある充電ボックスに充電orバッテリーエラーがある

【Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2】 スペックと特徴

ユニットサイズ7mm
周波数帯域5 – 21,000 Hz
BluetoothVer.5.1/Class1
対応プロファイルA2DP,AVRCP,HSP,HFP
コーデックSBC,AAC,aptx
USB規格Type-C
充電時間約1.5時間
バッテリー本体:7時間 ケース:21時間
防水性能IPX4相当

音質

文句なし。最高。

高音域・中音域・低音域のバランスが非常に良いです。

よくある「低音域重視すれば音質良く感じるぜ!うぇい!」という感じがなく、低音域もあます事なくハッキリ聞こえつつ中音域や高音域もハッキリ聴こえます。

特に中音域の伸びが良い。

全楽器で他のイヤホンと異なる印象は受けますが、ヴォーカルがより顕著なイメージです。

ノイズキャンセリング

良いです。

これでおまけ程度かっていう感じ。

電車の中で使ってみましたが外音は気になりません。

そもそもノイズキャンセリング機能は2つの機能に分かれています。

フィードフォワード方式フィードバック方式です。

フィードフォワード方式・・・外側のマイクで外部のノイズを集音し、外部のノイズの逆相の音を生成、再生音にミックスしてノイズを消去する方式

フィードバック方式・・・内側のマイクで「再生されている音楽と外部から侵入するノイズの両方」をマイクで収音し、それを「再生音にぶつける」 が これだと再生音ごと消去されるので、改めて再生音と合成を行う方式

この二つを採用しているのがいわゆるハイブリッド型ノイズキャンセリング方式です。

で、MOMENTUM True Wireless 2フィードバック方式の外音に対するノイズキャンセリングのみでノイズキャンセリングをしています。

これでストレスを感じず、音質にその分振り切ってることが凄いですね。

【Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2】 評判

【Amazon】
カスタマーレビュー 501件
☆☆☆☆☆ 71%
☆☆☆☆  20%
☆☆☆       4%
☆☆        2%
☆         4% 平均☆4.5

さすがの平均評価。

☆5の方のレビューを見てみると、

現時点で最も音質の良いイヤホンであると思います。
低音が強いドンシャリ系ではないですが、聴こえるべき音がスーッと入ってくる印象です。

バッテリーも前作から比べて、改善されています。

ノイキャン性能ですが、AirPods ProやTechnicsといったイヤホンとは質は落ちますが、その分ホワイトノイズ等は少ない印象です。パッシブでかなりキャンセルされ、アクティブでパッシブでは除去できないノイズを除去しますが、アクティブの方は強くないです。

装着感はかなりいいです。Technicsのものは、大きすぎて外れやすい印象を受けましたが、MTW2はイヤホン自体も軽く、自然なつけ心地になっています。

現時点では最上級のイヤホンと言えるでしょう。

WF1000XM3
WI1000XM2
WH1000XM3
Momentum TW 1世代目
AirPodsPro
などを所有していて、その他多数試聴したりしています。
iPhoneだけ使用することも、DACを組み合わせてることもあります。
現在は音楽を楽しみたいという時はMomentum TW 2を使用して、BGMとして音楽を聞きたいまたはノイキャンを使用して静寂がほしいという時はAirPodsProを使用しています。
色んなYoutuberがレビュー動画をあげているので、購入で悩んでいる方はまずそちらを見たほうが良いと思います。

こちらの製品はAirPodsProに並びトータルパフォーマンスに優れたイヤホンだと思っています。
音質だけで判断するのであれば、AirPodsProと比較するのは失礼にあたるレベルで差がありますが…。
ノイズキャンセリング性能は想像より強いものでした。
しかしAirPodsProよりは弱いです。
Youtuberのみなさんがそこまで強いものではないね、といった感じで良く言っているのですが、WF1000XM3のノイキャンに匹敵するレベルだと思います。
ただしこれはイヤーピースが耳にフィットしているかどうか、という前提があります。
私は純正のイヤーピースではすっかすかに隙間があいてしまうので、AZLA SednaEarfit Light Short MSサイズに取り替えて使用していますが、イヤーピースの物理的なノイズ遮断と本体のノイズキャンセリング機能が組み合わさることでかなりのノイズ遮断が行われていると実感出来ます。

音質は色々聞いてきましたが、現行最強クラスの音質だと思っています。
イコライザも自在に操れて便利ですし、好みの音を作りやすいです。
(もし低音をがしがし聞きたいのであれば低音域の音圧が高めのWF1000XM3をおすすめします)
正直言ってこの価格帯のフルワイヤレスイヤホンではこれ以上のものを用意するのは非常に困難なのではないでしょうか?
なにかしらのブレイクスルーや搭載されているチップの大幅なスペックアップや最適化が行われない限り、これ以上のイヤホンを同じ価格帯で出すのは不可能に近い気がします。
今後Boseなど他メーカーのフルワイヤレスイヤホンも控えていると思いますが、何かしら差別化出来るポイントを作らないと永遠にこのイヤホンの満足度を上回るイヤホンは作れないと思います。

外音取り込み性能はかなり高いです。
WF1000XM3と比較するとこちらの製品のほうが高いですね。
AirPodsProよりは劣りますが…というかAirPodsProの外音取り込み性能は異常です。
こちらの製品の外音取り込み性能を使用していると、通常の耳で感じているよりも音を拾っているせいで、がやがや音が目立つ人混みが多いところで使用すると若干のうるささや近くの人の声が聞き取りづらくなることはあります。

タップ操作も非常に快適ですね。
このあたりはAirPodsProに近い感覚があります。
WF1000XM3もかなり使いやすいとは思いますが、レスポンスが若干遅いのと誤タップが多いです。
専用アプリの出来もとても良いですし、タップ操作の設定を自分好みに変更出来るのも素晴らしいです。

(略)

といった感じ。

音質への評価は抜群に高いですね。

ノイズキャンセリングはAirPods>MOMENTUM True Wireless 2=WF1000XM3といったところでしょうか。

☆1の方の評価を見ると、

これだ!と思い、TW2(白)購入し昨日届きました。
届いた直後の動作では問題なく、全体的な性能の高さに満足!

本日、意気揚々と外出使用したのですが、いきなりアプリとうまく接続ができない?!
何度もケース入れたり、ハード、ソフトともリセットしたりを繰り返すも結局まともに使えず。。。
がっかり過ぎてもう、なんだかな〜、イライラ募って、もう最悪。

iphoneXのBT接続画面には「MOMENTUM TW2」と「LE-MOMENTUM TW2]の2つが出てきてよくわからない
アプリはLE-MOMENTUM TW2として認識? 接続は途切れるし、アプリがハードを見つけられないとエラーがでるし、つながったと思っても、通信途切れるしで。。。途中でもう使うの諦めました。

普通に使える製品をください。。。

ブルートゥースの接続がすぐに切れます。切れたり入ったりします。繋がって、10秒で切れて、音楽が止まります。

という声が。

一つ目に関しては同封されている説明書に記載があるので、読んでいない方が書いているのかな?という印象です。

二つ目の接続については、ぼくのでは発生していないので恐らく初期不良だと思います。

機械である以上、一定数は不良品は出てしますので、なんといも言えないですね、難しいです。

あなたも【Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2】を購入してみては?

ゼンバイザーが世に放った最高音質のイヤホン、MOMENTUM True Wireless 2

あなたも購入してその音を感じてみてはどうでしょうか。

ではでは、また次回の記事で。

ABOUT ME
もちきん
20代後半♂。綺麗な音楽や写真と物語が好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。